いつ見ても暇そうなのは臍の穴

四十路独女の世迷言

インテリアコーディネーターの世迷い事2

何故なんだ?

 

着工が迫っている。

3月中の着工はハウスメーカーの意向でもあるけど施主の早く引き渡してほしいと言う希望でもある。

と、言う事は少なくても3月頭にはすべての仕様打合せ(設計図は当然だけど)は完了しなくてはいけないのです。

なのに、打ち合わせできる土・日に遊びの予定を入れてどうするんだよ。

打ち合わせ出来ねーじゃねーか!いつ打合せするのよ!ね~~

早く引き渡したいんだろ?

不思議でならない。私の家ではないのです。あなたの家なのです。

 

よくあるのが打合せに30や40分へーきで遅刻してくる人もいる。

当日のドタキャンもある。

注文住宅を建てるくせに自分がどういうインテリアにした以下の希望も考えてこない。

普通はこれがビジネスだったらどうでしょう。

取引先とのアポに30や40分も遅刻しますか?

ドタキャンしますか?

打合せ内容の下調べもしないで行きますか?

 

社会人としてそんなことはありえないでしょう。

これはたぶんお施主様はプライベートで私たちは仕事という意識の差なのでしょう。

埋めるに埋められません。

ただ思うのですが、私たちは仕事だしプロなので出来る限りの努力はします。

でも、注文住宅と言うのはいくら設計やインテリアコーディネーター、営業が頑張ってもお施主様もそれなりの努力や協力がなければ、夢の希望の家など建たないのです。

完成してたかイメージと違うと騒いでも遅いのですから。

まあ、それが出来ないんのなら注文住宅を建てるなんて辞めた方が良い。

 

そういえは数年前に

会社が休みの土・日はスノボに行っていないので平日の仕事が終わってから、夜の7時からとか8時からとかの打合せにして下さいとさらっと言われたことあるな。

え~え~打合せしましたとも。

正直心の中で『ナゼ赤の他人のこの人の為に私のプライベートを何日も何時間も犠牲にしなければいけないのかな~』と。

当たり前だろ~の態度が気に入らなかったわ。

 

今後、家を建てる人にアドバイスじゃないけれど

インテリアコーディネーターもニコニコしているけれど、嫌いなお施主様にはそれなりの仕事しかしませんよ。もちろん報酬分は仕事しますが・・・

このお客様言い方だから、普通はやらないけどここまで提案しちゃお~とかもろもろね。インテリアコーディネーターも人間ですから当然です。

 

インテリアコーディネータの世迷い事でした~